人気ブログランキング |
トップ

すき→りょこう・しゃしん・ねこ               ねこ→みんとてんし(ちゃとら)じんじゃー(しろちゃ)
by sayori
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
Dairy
Trip
- Morocco 2005
- Croatia 2007
- Northern Europe
- Nikko 2007
- Hidatakayama 2009
-Setouchi 2010
-Fukuji onsen 2010
-Kanazawa 2010
-Mashiko 2011
-Canada 2012
-Petit Tabi
-Gihu&Shiga2017
Cat
Photograph
job
Movie
Book
mono
★フード&ドリンク
★スキンケア
★コスメ
★ヘア・ケア
★美容情報
★ダイエット
★カフェ巡り
★東京イベント
★イベント
★アートな日々
★iHerb
★その他
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
Link
お気に入りブログ
とべ!およげ! あひるちゃん
トマトの気持ち
一花一葉
ヒトは猫のペットである
うれしいの素
東京アンダーザブリッヂ
Precious*恋するカメラ
野良っ猫写真日記
Square Tokyo
*Wonderful T...
漢は黙って三頭筋
ライフログ
検索
タグ
(54)
(24)
(21)
(20)
(17)
(13)
(9)
(9)
(8)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006年 10月 29日 ( 1 )
ワールドトレードセンター
f0017458_1245212.jpg3000人近い犠牲者の中から生還した20名。その20名の中の18番目と19番目に助けられた、港湾警察署の巡査部長ジョン・マクローリンと、署員のウイル・ヒメノの体験談を基にして出来た映画だ。
なので、当然の如く、彼らと彼らの家族の話が中心で、それがやや退屈な傾向になってしまっているのと、観ていて反感を感じてしまうところもあった
でもそれがこの映画の、オリバーストーン監督の狙いなんでしょうね
政治的な事よりも、家族愛・人間愛を描きたかったのでしょう

退屈と言えば、演じているニコラス・ケイジもマイケル・ペーニャもそうだったでしょうね。何せお話の大半は、

瓦礫に埋まった2人が1昼夜激励しあう、ほぼ顔だけの演技のシーンが殆ど
このシーンだけで撮影日数をどの位取ったのでしょう?顔の汚し・傷・血のりが全くつながっていなかった!!!ハリウッド映画のみならず、外国映画って、こういうの結構アバウトなんですよね(; ̄ー ̄A
もう1つメイク的な事を言わせて貰うと、助け出された2人の怪我があまりにも無く、綺麗過ぎた事に違和感。顔に多少の血のりはあったものの、手も足も綺麗だったこと~

彼らを中心に描いた事によって、一番大きく反感を感じたシーンは、
ドアボーイの息子の安否を心配する母親に、ジョンの妻が堂々と「私の夫は今救出中」と言ってしまうシーンヾ( ̄o ̄;)オイオイ
もう1つの反感はやはり、正義の味方=アメリカ人=クリスチャン
アメリカ映画だから仕方が無いのだろうけれど・・・

まあ色々とケチ付けたい所はありましたが、映像は本当にリアルで素晴らしかったです。セットのスケールの大きさ、CGの迫力、実際には無くなってしまっている筈のWTCが、リアルに再現されていました。バスの窓に写った、崩壊して行くビルのCGも憎い演出!
実際の映像も織り交ぜて、手に汗握るシーンが多かった。
時々「えっ?これ実像?CG?」と思うところもあり、その点はさすがハリウッドと感心させられます

少し前に公開されていた「ユナイテッド93」も、まもなくDVD化されますが
これかもまだまだ9.11を題材にした作品が出てくると思いますが
アメリカ映画で無く、別の目線で描いてもらいたいなと思います

それにしてもこの悲劇を政治的に利用して、更なる悲劇を生み出したあの人をもっと批判する作品、誰か作らないかな~?


人気blogランキング ←いつも応援、ありがとうございます!
by sayori0302 | 2006-10-29 13:13 | Movie