トップ

すき→りょこう・しゃしん・ねこ               ねこ→みんとてんし(ちゃとら)じんじゃー(しろちゃ)
by sayori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
Dairy
Trip
- Morocco 2005
- Croatia 2007
- Northern Europe
- Nikko 2007
- Hidatakayama 2009
-Setouchi 2010
-Fukuji onsen 2010
-Kanazawa 2010
-Mashiko 2011
-Canada 2012
-Petit Tabi
-Gihu&Shiga2017
Cat
Photograph
job
Movie
Book
mono
★フード&ドリンク
★スキンケア
★コスメ
★ヘア・ケア
★美容情報
★ダイエット
★カフェ巡り
★東京イベント
★イベント
★アートな日々
★iHerb
★その他
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
Link
お気に入りブログ
とべ!およげ! あひるちゃん
トマトの気持ち
一花一葉
ヒトは猫のペットである
うれしいの素
東京アンダーザブリッヂ
Precious*恋するカメラ
野良っ猫写真日記
Square Tokyo
*Wonderful T...
漢は黙って三頭筋
ライフログ
検索
タグ
(54)
(24)
(21)
(20)
(17)
(13)
(9)
(9)
(8)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
きいてほしいの、あたしのこと(DVD)
f0017458_1735178.jpg

日本未公開映画です。たまたまTUTAYAで手に取って、何となく借りてしまいました

原作はアメリカの児童書。それもベストセラーにもなった。そんな事も何も知らず、軽い気持ちで借りました。

10歳のオパールは、牧師である父と2人で、ナオミと言う街に引っ越して来たばかり。トレーラーハウスに暮らし、友達はいなく、いつも1人ぼっち。3歳の時に別れた母の事を聞いても、「牧師さん」は何も答えてくれない。いつも心にポッカリと穴が開いているオパール。そんなある日、ひょんな事からウィン・ディキシーという名の犬を拾う・・・

動物と子供には叶わない。という言葉通り、普通に楽しめる映画です。保健所に連れて行かれる寸前を、助けられたディキシーだが、本当に助けられたのは、オパールの方で、ディキシーを通じて、街の人達とも心が通じ合えるようになる。と、そんな心温まるストーリーです。
オパールが描いた絵に、徐々に色が付き始めるシーンは、彼女自身を象徴していて、印象的です。

また小汚いワンコだと思っていたディキシーですが、ピカルディ・シェパードという由緒ある犬種で、本当にお利口v・。・V わん♪口角を上げてニカッと笑う顔も(日本でも何処かのオットセイがやってたが)イチコロにやられます。
対するオパールは、何処かで観たと思ったら、「チャーリーとチョコレート工場」でガムを噛んでいた気の強いあの女の子!

犬好きなら、狂喜乱舞(?)できる映画になっておりますので、是非どうぞ


きいてほしいの、あたしのこと〈特別編〉-ウィン・ディキシーのいた夏
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ISBN : B000B84NEK
スコア選択: ※※※


にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキング ←気に入って頂けたら、click please!
[PR]
by sayori0302 | 2006-01-25 17:12 | Movie
<< ぼちぼちと・・・ こくこくと・・・ >>