トップ

すき→りょこう・しゃしん・ねこ               ねこ→みんとてんし(ちゃとら)じんじゃー(しろちゃ)
by sayori
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
Dairy
Trip
- Morocco 2005
- Croatia 2007
- Northern Europe
- Nikko 2007
- Hidatakayama 2009
-Setouchi 2010
-Fukuji onsen 2010
-Kanazawa 2010
-Mashiko 2011
-Canada 2012
-Petit Tabi
-Gihu&Shiga2017
Cat
Photograph
job
Movie
Book
mono
★フード&ドリンク
★スキンケア
★コスメ
★ヘア・ケア
★美容情報
★ダイエット
★カフェ巡り
★東京イベント
★イベント
★アートな日々
★iHerb
★その他
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
Link
お気に入りブログ
とべ!およげ! あひるちゃん
トマトの気持ち
一花一葉
ヒトは猫のペットである
うれしいの素
東京アンダーザブリッヂ
Precious*恋するカメラ
野良っ猫写真日記
Square Tokyo
*Wonderful T...
漢は黙って三頭筋
ライフログ
検索
タグ
(54)
(24)
(21)
(20)
(17)
(13)
(9)
(9)
(8)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
☆サンシャワー・東南アジアの現代美術展のご紹介 *六本木「国立新美術館」編
7月5日にスタートし、10月23日まで、六本木「国立新美術館」と「森美術館」の2館で、同時開催している
サンシャワー・東南アジアの現代美術展に行ってきました

f0017458_01555724.jpg


ASEAN(東南アジア諸国連合)は、現在はインドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ
ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオスの東南アジア10カ国で構成されています
10年以上にわたり高い経済成長を維持し、2015年に経済共同体となったASEANですが
現代アートの世界においても活況を呈しており、国際的にも高い注目が集まっています
この展覧会は、東南アジアの現代アートの集大成とも言えます

「サンシャワー(天気雨)」は、晴れていながら雨が降る不思議な気象ですが
熱帯気候の東南アジア地域では頻繁にみられます
また、植民地主義以降の20世紀後半、冷戦下の戦争や内戦、独裁政権を経て近代化や民主化を迎え
近年では経済発展や投資、都市開発が進むなど、さまざまな政治的、社会的、経済的変化を遂げてきた
この地域の紆余曲折とその解釈の両義性に対する、詩的なメタファーでもあります

(サイトから抜粋)

f0017458_01555710.jpg


そんな過去最大級となる80組を超えるアーティストの作品が大集結
その迫力ある作品の、まずは国立新美術館側から、抜粋してご紹介しましょう

テーマが5つに分かれていて、作品は写真を撮る事が可能です

うつろう世界(Fluid World)

sayomaru21-208.jpg

パンクロップ・スゥラップ作『どうやら3つの国の統治は簡単にはいかなそうだ』

f0017458_01555778.jpg

f0017458_01555853.jpg


アウン・ミン作『五大陸に流れ落ちた赤い涙』


情熱と革命 (Passion and Revolution)

f0017458_01555825.jpg


ワサン・シッティケート作『失われた情報』

f0017458_01555851.jpg


FXハルソノ作『遺骨の墓地のモニュメント』

f0017458_01555836.jpg


FXハルソノ作『声なき声』

f0017458_01555933.jpg


マニュエル・オカンポ作『すべてのものに開かれた天国』

f0017458_01555931.jpg


ヘリ・ドノ作『政治指導者への死ショックセラピー』


アーカイブ(Archiving)

f0017458_01555968.jpg


カワヤン・デ・ギア作『ダペイ:反映された対話』


さまざまなアイデンティティー(Diverse Identities)

f0017458_01560064.jpg


リー・ウェン作『奇妙な果実』

f0017458_01560067.jpg


ムラティ・スルヨダルモ作『アムネシア』


日々の生活(Day by Day)

f0017458_01560006.jpg


ヤスミン・ジャイディン作『オブジェク』

f0017458_01560162.jpg

f0017458_01560177.jpg


アリン・ルンジャーン作『黄金の涙滴』

f0017458_01560143.jpg

f0017458_01560154.jpg


ナウィン・ラワンチャイクン作『ふたつの家の物語』

f0017458_01560260.jpg

f0017458_01560236.jpg


スーザン・ヴィクター作j『ヴェール・異端者のように見える』

f0017458_01560238.jpg

f0017458_01560329.jpg


スラシー・クソンウォン作『黄金の亡霊(どうして私はあなたがいるところにいないのか)』

f0017458_01560365.jpg

f0017458_01560351.jpg


アングン・プリアンボド作『必需品の店』

多くの作品が、特に前半は、反戦などの政治的・社会的メッセージを持ったものがあり
一見、作品を見ただけではわからない、怒り、悲しみなどの大きな感情の爆発を
アートで表現しているのだなと感じました


次回は「森美術館」の作品をご紹介します


f0017458_01451708.gif
  
f0017458_01451768.gif
 
  
f0017458_01451727.gif
ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
f0017458_01451785.gif

[PR]
by sayori0302 | 2017-08-14 00:06 | ★アートな日々
<< ☆香りでアンチエイジング*ロジ... ☆驚異の水・アクアミラビリスの... >>