トップ

すき→りょこう・しゃしん・ねこ               ねこ→みんとてんし(ちゃとら)じんじゃー(しろちゃ)
by sayori0302
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
カテゴリ
Dairy
Trip
- Morocco 2005
- Croatia 2007
- Northern Europe
- Nikko 2007
- Hidatakayama 2009
-Setouchi 2010
-Fukuji onsen 2010
-Kanazawa 2010
-Mashiko 2011
-Canada 2012
-Petit Tabi
Cat
Photograph
job
Movie
Book
mono
以前の記事
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
more...
Link
お気に入りブログ
ねりうま写真生活
ナギヲWorks
happy *riko*...
ひょうたん*カメラ。
Rolling in M...
のらねこ。 (野良にゃ...
一日一膳
とべ!およげ! あひるちゃん
トマトの気持ち
一花一葉
With Art
雨日和
ヒトは猫のペットである
おまけ猫たちとの日常
ハニログ!
Tolliano Riv...
クロアチアの碧い海の夢
日本庭園的生活
すずちゃんのカメラ!かめ...
Croatian Blu...
うれしいの素
東京アンダーザブリッヂ
Precious*恋するカメラ
忍法火遁の術
野良っ猫写真日記
fuu.....nnm....
camera*time
Square Tokyo
*Wonderful T...
漢は黙って三頭筋
薄れかけた記憶はボクのタ...
franny's photo
ちまもの読書日和
Que será, se...
風の中で~
ライフログ
検索
タグ
(54)
(24)
(21)
(20)
(17)
(13)
(9)
(9)
(8)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:- Morocco 2005( 8 )
猫天国

モロッコには、たくさんの野良猫がいました!
狭いスークの中を、人間やロバ馬車に蹴られそうになりながらも、
逞しく生きていました。
大体は人懐こく、甘えん坊で、猫好きには堪らない所です

f0017458_1335118.jpg

人間の食べ残した物やゴミなどをあさって食べ、
またレストランでは、必ずといって良い程、
人間からご馳走を恵んでもらうのを、辛抱強く待っている子が
何匹かいます。

f0017458_138422.jpg

自由奔放で気ままな猫にとって、
この国はもってこいなのかも知れません。
でも、全体的に子猫が多いところを見ると、あまり長生きは出来ないようです。

f0017458_1415851.jpg

そんな彼らを見て、どうか逞しく元気に育っておくれ!と、
願わずにいられませんでした


にほんブログ村 写真ブログへ 人気blogランキング ←気に入って頂けたら、click please!
[PR]
by sayori0302 | 2005-12-15 01:45 | - Morocco 2005
旅の終着点。カサブランカ
12月1日

フェズから深夜列車に乗って、早朝カサブランカに着く
駅前にいた、ミニタクシーの運転手に紹介・案内され
その名もずばり「カサブランカ」というホテルに行く。
3つ星(?)クラスのホテルで、熱いシャワーとバスタブも完備。
前もって決めてなかったカサでのホテルは、
あっという間に決定!

f0017458_140577.jpg

カサブランカはぶっちゃけ、あまり見る所が無いように思います。
メディナの中は、中途半端な流行ものを売る店が軒を並べ、
すぐ見飽きてしまいました。
女性のファッションも、今まで見てきたどれよりも、
お洒落で、開放的です。

f0017458_1444035.jpg

あんなにうるさかった、お土産屋の呼びこみも少なく、
何だか拍子抜け・・・
それでも、そこは大都市カサブランカ
カサブランカと言えば、「これ」と言う程立派な見所

f0017458_1524790.jpg

ハッサン2世モスク
3300人の職人の手によって、8年の歳月を費やして出来た芸術作品
その美しさは圧巻です!!!ため息です!!!


にほんブログ村 写真ブログへ 人気blogランキング ←気に入って頂けたら、click please!

***More***
[PR]
by sayori0302 | 2005-12-13 02:04 | - Morocco 2005
誇り高き古都、フェズ

11月29日

フェズの1日目は雨でした。
今まで晴天に恵まれていたので、ちょっと残念!
雨が降っていると、どうしても写真を撮るのが億劫になる

f0017458_3124464.jpg

マラケッシュがどちらかと言うと大阪っぽい街に比べて、
フェズは歴史ある、京都や奈良のような感じがします。
お土産屋の充実度より、街の美しさが売り。

f0017458_3193112.jpg

メディナの中には、マラケッシュに負けず劣らずの迷路もありますが、
たくさんのモスク(イスラム教の礼拝堂)や
マドラサ(イスラムの高等教育の為の学生寮)があり、飽きさせません

f0017458_3304770.jpg

「青い門」と言う意味のブー・ジュルード門は、
美しい幾何学模様の彫刻が施されて、フェズのシンボル的存在。
この周りのレストランは、呼びこみが結構強引なので要注意! 


にほんブログ村 写真ブログへ 人気blogランキング ←気に入って頂けたら、click please!

***More***
[PR]
by sayori0302 | 2005-12-11 03:47 | - Morocco 2005
砂から雪、そしてフェズへ

11月28日

夕べは真っ暗な中到着したので、周りの景色が良く分かりませんでしたが、
朝起きて見ると、テントの後ろには、大きな砂山が
砂漠での日の出を見る為、この山に登ります。

f0017458_12543218.jpg

山に付いた線が、皆が登った(あるいは降りた)後です。
明るくなってもう1つ気付いた事、
それは、テントの周りがラクダの糞だらけだった事(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
多分夕べ、それの上に寝っ転がって、星を見ていた筈
まっ良いか・・・

f0017458_12592073.jpg

登って来た太陽の光りで、長い影が出来ます。
また砂漠のコントラストもとても綺麗!
夢中でシャッターを押していました。

f0017458_1311439.jpg




***More***
[PR]
by sayori0302 | 2005-12-09 12:52 | - Morocco 2005
そして、月の砂漠へ

11月27日

ワルザザードを出発し、オートアトラスに沿って東方向に走り
いよいよ、サハラ砂漠に向かいます

f0017458_12335733.jpg

オートアトラスの南側の左右に延びる道を、カスバ街道と言います。
カスバとは、城塞(支配者の住居)の事で、
クサルと似てはいますが、住む人の位が違います。
そして、このカスバ街道にはそう言った城塞が、いくつか点在しています。

f0017458_12352758.jpg

紅葉した木々の合間に、パームツリーが生えていて・・・
砂漠に近づいているのだと、実感が沸いてきます。
カスバ街道の真中辺りにある、エル・ケラア・ムグナという街は、
バラの栽培で有名な所
時期的に花を見る事は出来ませんでしたが、
いい香りのローズウォーターを買う事が出来ました。

f0017458_12373696.jpg

アルジェリアとの国境に近い村・メルズーカに到着すると、
いきなり景色は一変します。
目の前に巨大なオレンジ色の砂山が、
まるでアミューズメントパークの様に現れます。
ランド・クルーザーのドライバーとは、ここでお別れ
村にいくつかあるホテルに、大きな荷物を預け、いざ出発!
地平線に沈む夕日を見ながら、砂漠の中にあるテント村へ、
ラクダに乗って向かいます。
1時間半のラクダドライブを楽しみ、辺りがすっかり暗くなった頃、テント村に到着
満天の星と三日月の空の下、そして時々聞こえる、ラクダの声を子守唄に、
それはそれは幸せな1日の幕切れを向かえました

[PR]
by sayori0302 | 2005-12-08 01:32 | - Morocco 2005
赤い大地とヘアピンカーブ

11月26日

この日から2泊3日で、現地ツアーを利用して、
オートアトラス(アトラス山脈)越え&砂漠に行きました。
初日は、朝8時にマラケッシュのフナ広場で待ち合わせて、
砂漠の入口の街・ワルザザードまで行きます
日本人ばかり5人のグループで、ガイド&ドライバーは現地の人。

f0017458_12231347.jpg

最初平坦だった道も、山が近づいてくると、クネクネと曲がり、
最も高い地点は2092mにもなります。
時々車から降り、ビューポイントで写真を撮らせて貰う。
車酔い止めの薬を飲んでいて良かった

f0017458_1225457.jpg

赤土と、同じ色のレンガ造りのクサル(要塞化された村)が見えてくると、
今まで舗装されていた道は無くなり、デコボコ道に入ります。
ランド・クルーザーに乗っていても、
すぐ脇の谷底に落ちてしまいそうな程、上下に揺れ、
かなりスリリングな、ドライブとなりました

f0017458_1228448.jpg

こんな険しいデコボコ道を、ロバでのんびり歩いていくオジサン
あなたはスゴイ!



***More***
[PR]
by sayori0302 | 2005-12-06 03:20 | - Morocco 2005
白と青の街・エッサウィラ

11月25日

マラケッシュから、長距離バスで約3時間。
大西洋に面した街、エッサウィラに日帰り旅行した。

f0017458_12102968.jpg

青い空と白い壁、海の匂いとカモメたち。
ちょっとギリシャを髣髴させる街だった。

f0017458_121212.jpg

マラケッシュほどでは無いが、メディナに入るとたくさんのスークがあり、
特に生鮮食品の市場は、かなりのカルチャーショック
地べたにニワトリが足を縛られて売られてたり、
ウサギが、箱にギュウギュウ詰めにされてたり・・・

f0017458_12143068.jpg

でもここは、芸術の街
たくさんのギャラリーや、自分の作品を売る店などがありました。



***More***
[PR]
by sayori0302 | 2005-12-05 13:00 | - Morocco 2005
商人の町・マラケッシュ

11月23日

最初に訪れた街は、マラケッシュです。
メディナ(城壁に囲まれた街)の中心には、フナ広場があり、
そこから先には、巨大なスーク(商店街)が広がっています。

f0017458_11523972.jpg

朝焼けのフナ広場
中に入ると途端に、呼び込みが始まり、
日本人と分かると、誰が教えたのか、変な日本語が飛び交います。
「貧乏プライス!見るだけOK!」「高田馬場(意味不明?)」などなど

f0017458_11541020.jpg

モロッコでの買い物は、断然マラケッシュでしましょう
スークの中では、色とりどりのバッグやバブーシュ(皮のサンダル)
アクセサリーやスカーフなど、センスの良い物が揃います

f0017458_11551173.jpg

スークは迷路の様で、ちょっと脇に入ると、訳が分からなくなります。
でもこんなピンク色の壁の迷路なら、迷ってみたいでしょ?



***More***
[PR]
by sayori0302 | 2005-12-04 23:48 | - Morocco 2005