トップ

すき→りょこう・しゃしん・ねこ               ねこ→みんとてんし(ちゃとら)じんじゃー(しろちゃ)
by sayori
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
Dairy
Trip
- Morocco 2005
- Croatia 2007
- Northern Europe
- Nikko 2007
- Hidatakayama 2009
-Setouchi 2010
-Fukuji onsen 2010
-Kanazawa 2010
-Mashiko 2011
-Canada 2012
-Petit Tabi
-Gihu&Shiga2017
Cat
Photograph
job
Movie
Book
mono
★フード&ドリンク
★スキンケア
★コスメ
★ヘア・ケア
★美容情報
★ダイエット
★カフェ巡り
★東京イベント
★イベント
★アートな日々
★iHerb
★その他
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
Link
お気に入りブログ
とべ!およげ! あひるちゃん
トマトの気持ち
一花一葉
ヒトは猫のペットである
うれしいの素
東京アンダーザブリッヂ
Precious*恋するカメラ
野良っ猫写真日記
Square Tokyo
*Wonderful T...
漢は黙って三頭筋
ライフログ
検索
タグ
(54)
(24)
(21)
(20)
(17)
(13)
(9)
(9)
(8)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ashes and snow
お台場でやっている、グレゴリー・コンベール展を見に行ってきました

f0017458_232871.jpg

彼はインド・エジプト・ミャンマー・トンガ・スリランカ・ナイロビ・ケニア
南極大陸・ボルネオ諸島などで、
人間と動物が交流する究極の瞬間を
写真や映像に収めているアーティストです

作品は、写真・映像共にセピア色に作られ
特に写真作品は、手作りの和紙に刷り込んであり
やや粗い目の仕上がりが、一掃雰囲気をかもし出していました
合成やデジタル加工は一切無しで
偶然の瞬間だけを狙って撮られたものです

モデルは
動物が象・豹・猿・鳥・鯨など
そして人間は、僧侶やニンフをイメージしたスタイルです

特に1時間にも及ぶ映像は、とても見応えがありました
砂漠の砂の上や、海の中、ジャングルの中などで撮影された映像が
スローなリズムで流れます
殆どの人間のモデルは目を閉じていて
動物と寄り添っていたり、踊っていたり、瞑想していたり・・・
その独特のイメージの世界に引き込まれます


ただ・・・・・ケチを付けるような事を言いますが
作品としてはとても素晴らしいものなんですが
結局これ、ヤラセなんですよ
人間と野生の動物の交流なんて有り得ない・・・

殆どが人間に慣れた、あるいは調教された動物が使われていて
多分いい絵を撮る為に、何度も同じ事を強制的に繰り返えされただろうし
その為に鞭を持った調教師が
カメラマンの後ろ側に控えていたり
万が一に備えて、銃を持ったスタッフだっていたでしょう

人間のエゴがそこに垣間見える作品展でした








文句無しに楽しめたのは、この美術館の外装・内装です

f0017458_2342393.jpg


f0017458_23423613.jpg

坂 茂さんという建築家のデザインですが
152個の貨物コンテナによって造られています
市松模様に積み上げられたその高さは10m
一方、その内装は
外見のイメージからちょっと想像が付かない位
薄暗い室内に等間隔に立てられた列柱
それはまるで神殿のようでした

ashes and snow



=追伸=
久しぶりにテンプレを替えてみました
春らしく明るい雰囲気でいってみます
そのせいで、横位置の写真は縮小されてしまいました
クリックで元サイズが見れますので
よろしくね(^_^)v



にほんブログ村 写真ブログへ 人気blogランキング ←いつも応援、ありがとうございます!

[PR]
by sayori0302 | 2007-04-21 00:01 | Dairy
<< おもひで Tokyo Midtown >>