「ほっ」と。キャンペーン
トップ

すき→りょこう・しゃしん・ねこ               ねこ→みんとてんし(ちゃとら)じんじゃー(しろちゃ)
by sayori0302
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ブログパーツ
カテゴリ
Dairy
Trip
- Morocco 2005
- Croatia 2007
- Northern Europe
- Nikko 2007
- Hidatakayama 2009
-Setouchi 2010
-Fukuji onsen 2010
-Kanazawa 2010
-Mashiko 2011
-Canada 2012
-Petit Tabi
Cat
Photograph
job
Movie
Book
mono
以前の記事
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
more...
Link
お気に入りブログ
ねりうま写真生活
ナギヲWorks
happy *riko*...
ひょうたん*カメラ。
Rolling in M...
のらねこ。 (野良にゃ...
一日一膳
とべ!およげ! あひるちゃん
トマトの気持ち
一花一葉
With Art
雨日和
ヒトは猫のペットである
おまけ猫たちとの日常
ハニログ!
Tolliano Riv...
クロアチアの碧い海の夢
日本庭園的生活
すずちゃんのカメラ!かめ...
Croatian Blu...
うれしいの素
東京アンダーザブリッヂ
Precious*恋するカメラ
忍法火遁の術
野良っ猫写真日記
fuu.....nnm....
camera*time
Square Tokyo
*Wonderful T...
漢は黙って三頭筋
薄れかけた記憶はボクのタ...
franny's photo
ちまもの読書日和
Que será, se...
風の中で~
ライフログ
検索
タグ
(54)
(24)
(21)
(20)
(17)
(13)
(9)
(9)
(8)
(7)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Canada Yellowknife Sanpo vol.1

死ぬまでに一度は見ておきたい風景
誰もがそう思うであろうオーロラ
そのオーロラを、見る為にカナダ・イエローナイフに行って来ました

f0017458_1157244.jpg

北欧を旅して早や3年半。海外旅行から久しく遠ざかっていた私ですが
昨年の11月に、知人から急な誘いを受け、承諾し、今回の旅行と相成りました



個人旅行と違い、今回はツアーに参加
しかも誘ってくれた知人&ツアー会社が、全て手配してくれるといった、楽チンな旅

旅する実感が今ひとつ沸かず
1週間前まで、なんの下準備もせず、のんびりとしていました

旅行の日が迫ってきて、ようやく、ガイドブックを見たり、ネットで検索してみたり
そして防寒着を購入したりと、慌ただしくした次第
私の旅の最大の目的、「写真を撮る事」に関しても、何の下準備もせずに、簡単に考えていました

イエローナイフは、カナダのノースウエスト準州の州都で、北極圏からはおよそ400km南の位置にあります
オーロラベルトのほぼ真下に位置しているため、年間を通してオーロラの出現率が高いことで知られています
オーロラ鑑賞成功率はなんと95%以上

それでも、必ずしも見えるという保証はない
天気が悪ければ、見る事は出来ない。自分の運を信じ、いざ出発!

f0017458_1293691.jpg

2月7日(火)

九州からやってくる知人(Tちゃん)と、成田空港で待ち合わせ
出国審査を終え、DFSに向かっていると、居ました居ました

彼女とは実は、2004年にペルー旅行した時に知り合い
私が九州に仕事で行く度に、わざわざ車を飛ばして会いに来てくれる人で
実は3度しか会った事が無い(多分)
そんな彼女が、今回の旅を誘ってくれた理由が、こんな寒い所に一緒に行ってくれる人がいなかったから(笑)
いやいやどんな理由であろうとも、ありがたい事です

久しぶりの再会を喜び、19時10分発バンクーバー行きのエアカナダに搭乗
日付変更線を越え、同日11時5分頃、バンクーバー到着

f0017458_12214675.jpg

今回の空路は、バンクーバーから更に、国内線でカルガリーを経由し、イエローナイフに行くコース
バンクーバーから直行便もあった様なのですが・・・
トランジット時間も合わせると、約19時間の長時間移動となりました

f0017458_122504.jpg

バンクーバーでの乗り換え時間は、余裕があると思っていたにも拘らず
のんびりイミグレのお陰で、その時間が迫って、かなり焦る2人
そんな私たちの気持ちも知らず、ズラッと並ぶ入国者に対し2つの窓口
日本だったらあり得ないね

f0017458_12333612.jpg

やっと入国審査を終え、急いでトランクをピックアップして、カルガリー行きの搭乗口へ
が、ここでいきなりハプニング
私たちが乗る予定の便がキャンセルに( ̄□ ̄;)!!いい加減だな!エアカナダ

約2時間後の便に変更して貰い、暫し空港で休憩
なんだよ。こんな事なら、イミグレであんなに焦る事無かったよ。と苦笑い

バンクーバーからカルガリーまでは、約2時間

f0017458_1240488.jpg

カルガリーでの乗り換え時間は、本当は4時間半あったのが
バンクーバーで2時間待ったので、その分短くなりました
カルガリーの空港内は、とても小さく、特に見る所も無かったので、短縮できてかえって助かりました
結果オーライ!

カルガリーからイエローナイフまでは約2時間
すっかり暗くなった街の火が機内からも見え、期待が高まります

f0017458_12445310.jpg

機内から施設までは歩き。いきなり氷点下の世界を味わいます
でもその寒さに、逆にテンションが上がります!

今回のツアーはこちらのを利用しました。もちろん日本人スタッフ
空港での出迎えから、ホテルのチェックイン、オーロラツアーの案内、など全てやってくれ、至れり尽くせり
当然の如く、お客様もほぼ日本人
そんな訳で、今回の旅では、苦手な英語をしゃべる必要があまりなく、とても助かりました

空港到着が22時近くになってしまい、急いで混載バスに乗り、各ホテルに向かいます
私たちのホテルは、イエローナイフイン

f0017458_13271466.jpg

大変清潔で快適なホテル
ただ、ベッドがすごく高くて、背の低い人はちょっと辛いかも
あと、私たちの部屋だけでしょうか、カードキーが一度閉めると再度使えなくなってしまう、という事もありました

部屋に入ると、お願いしていた防寒着がベッドの上にドカンと置いてありました

ホテル到着からオーロラツアー出発まで30分そこそこ。急いで着替えて出掛けます

ちなみにこんな姿に

f0017458_13315111.jpg

上=ヒートテック+カットソー+フリース+防寒着
下=ヒートテック+Gパン+防寒着
足=靴下2枚履き+ホカロン+防寒ブーツ
頭=フリースの帽子+フード
手=五本指の手袋+防寒手袋
(写真を撮る時は手袋が出来ないので、その時用にホカロン)
という出で立ちです。これで本当に寒くありません

お借りした防寒着はスゴイ威力!
ただし重いのが難点。オーロラツアー以外は、自前のダウンコートを着ていました

f0017458_13411290.jpg

ロ―ビ―に集合して、来た時に乗った可愛いスクールバスに再び乗車
いよいよオーロラ観賞の場所「オーロラビレッジ」に向かいます

to be continue・・・


[PR]
by sayori0302 | 2012-02-25 13:49 | -Canada 2012
<< Canada Yellowkn... Mashiko Miyage >>