「ほっ」と。キャンペーン
トップ

すき→りょこう・しゃしん・ねこ               ねこ→みんとてんし(ちゃとら)じんじゃー(しろちゃ)
by sayori0302
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ブログパーツ
カテゴリ
Dairy
Trip
- Morocco 2005
- Croatia 2007
- Northern Europe
- Nikko 2007
- Hidatakayama 2009
-Setouchi 2010
-Fukuji onsen 2010
-Kanazawa 2010
-Mashiko 2011
-Canada 2012
-Petit Tabi
Cat
Photograph
job
Movie
Book
mono
以前の記事
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
more...
Link
お気に入りブログ
ねりうま写真生活
ナギヲWorks
happy *riko*...
ひょうたん*カメラ。
Rolling in M...
のらねこ。 (野良にゃ...
一日一膳
とべ!およげ! あひるちゃん
トマトの気持ち
一花一葉
With Art
雨日和
ヒトは猫のペットである
おまけ猫たちとの日常
ハニログ!
Tolliano Riv...
クロアチアの碧い海の夢
日本庭園的生活
すずちゃんのカメラ!かめ...
Croatian Blu...
うれしいの素
東京アンダーザブリッヂ
Precious*恋するカメラ
忍法火遁の術
野良っ猫写真日記
fuu.....nnm....
camera*time
Square Tokyo
*Wonderful T...
漢は黙って三頭筋
薄れかけた記憶はボクのタ...
franny's photo
ちまもの読書日和
Que será, se...
風の中で~
ライフログ
検索
タグ
(54)
(24)
(21)
(20)
(17)
(13)
(9)
(9)
(8)
(7)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Year-end Trip 2010★vol.7

12月29日(木)

グリル・オーツカを出て、再び長町武家屋敷跡界隈へ
武家屋敷の中でも一際大きく、由緒ある「野村家」へ

f0017458_21245742.jpg





野村家は、1583年(天正11年)、加賀百万石の基礎を築いた藩祖・前田利家の
金沢城入りに直臣として従った野村伝兵衛信貞に遡り
明治3年の廃藩まで家督を11代に渡って守った由緒ある家柄

f0017458_2124275.jpg

総檜の格天井やギヤマン入りの障子戸、狩野派の襖絵などが見事で、金沢の繁栄を物語っている

f0017458_21354251.jpg

野村家に伝わる調度品の展示や、樹齢400年以上といわれる山桃の木や
濡れ縁のすぐ下までせまった曲水などがある庭園など
ここも見所が満載

f0017458_2146761.jpg


野村家を出て、次ににし茶屋街へ

f0017458_21503085.jpg

昼を過ぎても、みぞれの止む気配は無く、歩いて回るには大変不利な1日となってしまった

f0017458_21524041.jpg

f0017458_2153811.jpg

特に何処かに入る訳でもなく、ざっと見て、その場を後にした

にし茶屋街の落ち着きさと相反する様な、金沢一賑やかな場所「近江町市場」へ

f0017458_21544129.jpg

金沢市民の台所とよばれている近江町市場
約2.8haの敷地に約170店の商店・飲食店が軒を連ねる

f0017458_2261159.jpg

f0017458_228309.jpg

生鮮食品がメインで、加賀蓮根、丸大根、金時草(きんじそう)などの加賀野菜や
ズワイガニなどの新鮮な魚介類、加工食品などなど・・・

f0017458_2213581.jpg

f0017458_22134092.jpg

f0017458_2215456.jpg

f0017458_2218161.jpg

もちろん、買い物をする訳ではないけれど、見て歩いているだけでもワクワクする

f0017458_22232326.jpg

金沢最後の観光は、JR金沢駅にあるショッピングモール「金沢百番館」
まいもん寿司というすし屋で夕食

f0017458_23113050.jpg

チェーン店のここはカウンターだけの小さな店が前ですが
かなり評判がいいのか、お客さんで満員だった
なんとか席を確保して入る

f0017458_23224129.jpg

のど黒や甘エビなどの北陸ならではのネタは新鮮で、とても美味しかった
列車の待ち時間に気軽に入れ、しかもリーズナブルな値段。人気なのは当然だ

お土産をいくつか買い、先に列車で帰る母を見送り
22時発の深夜バスに乗り込み、東京への帰路についた


[PR]
by sayori0302 | 2011-04-02 23:59 | -Kanazawa 2010
<< Sakusakura 2011 Year-end Trip 2... >>