「ほっ」と。キャンペーン
トップ

すき→りょこう・しゃしん・ねこ               ねこ→みんとてんし(ちゃとら)じんじゃー(しろちゃ)
by sayori0302
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ブログパーツ
カテゴリ
Dairy
Trip
- Morocco 2005
- Croatia 2007
- Northern Europe
- Nikko 2007
- Hidatakayama 2009
-Setouchi 2010
-Fukuji onsen 2010
-Kanazawa 2010
-Mashiko 2011
-Canada 2012
-Petit Tabi
Cat
Photograph
job
Movie
Book
mono
以前の記事
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
more...
Link
お気に入りブログ
ねりうま写真生活
ナギヲWorks
happy *riko*...
ひょうたん*カメラ。
Rolling in M...
のらねこ。 (野良にゃ...
一日一膳
とべ!およげ! あひるちゃん
トマトの気持ち
一花一葉
With Art
雨日和
ヒトは猫のペットである
おまけ猫たちとの日常
ハニログ!
Tolliano Riv...
クロアチアの碧い海の夢
日本庭園的生活
すずちゃんのカメラ!かめ...
Croatian Blu...
うれしいの素
東京アンダーザブリッヂ
Precious*恋するカメラ
忍法火遁の術
野良っ猫写真日記
fuu.....nnm....
camera*time
Square Tokyo
*Wonderful T...
漢は黙って三頭筋
薄れかけた記憶はボクのタ...
franny's photo
ちまもの読書日和
Que será, se...
風の中で~
ライフログ
検索
タグ
(54)
(24)
(21)
(20)
(17)
(13)
(9)
(9)
(8)
(7)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Year-end Trip(HIDATAKAYAMA)★vol1

毎年、高い交通費を払って帰り、大掛かりなおせち料理の用意をして
3日間くらいで慌しく終わってしまう年末年始
そんなことなら今回は何処かに行ってしまおう!という母の提案で
27日から2泊3日で、飛騨高山に行ってきました

大阪から来る母。東京から行く私。の中間地点とって
長野県と岐阜県を候補に上げていたのですが
今年は散々長野県に行っていたので、久しぶりとなる岐阜県飛騨高山をチョイス
というのも、ネット検索をしている時に
奥飛騨温泉で素敵な宿を見つけてしまい、是非そこにも行ってみたかったのです
f0017458_12333719.gif

母と2人で旅をするのは、還暦のお祝いにロンドンに一緒に行ったきり
スケジュールから足・宿の手配すべて(得意分野です(笑)
ドラマの撮影の合間を見ながら行いました

お天気のこと。交通機関のこと。宿のこと
期待と不安を抱えて、女2人の年末旅行がスタート

そんな訳で、帰省せず自宅でまったりしながら、年またぎで
「飛騨高山旅行記」をお伝えします。お付き合いのほどを・・・

f0017458_12381091.jpg







今回のテーマは、風光明媚な場所に行くのはもちろんですが
温泉宿でセレブ気分(笑)になる。というのもありました
宿はリッチに、でも交通費はリーズナブルに・・・で、交通手段はバスを選びました
新宿から高速バスで4・5時間で行ける場所
大阪からも同じ方法で行けます

12月27日
新宿西口8時発の高山行きの高速バスに乗る
中央道を松本方向へ
ロケバスに乗り慣れている私は、バスの速度のあまりにもゆっくりなのにちょっとイライラ
中央道停留所の三鷹や八王子などに停まり、2時間半後、諏訪湖サービスエリアで休憩
f0017458_12495552.jpg

バスにはトイレも完備されていますが、さすがに入り難いですね
20分の休憩中、トイレとスタバカフェをしました

再び走り出したバスは、松本から一般道に出て
高度を上げ、徐々に雪深くなる道を進みます
そして12時15分頃、奥飛騨温泉方面に行くバスに乗り換える為に、平湯温泉で下車

このバス停で、高山から奥飛騨温泉行きのバスに乗った母と合流
本日の期待の宿がある、福地温泉に向かいました

f0017458_12582915.jpg

チェックインには早かったので、宿へは荷物を預けに行っただけでしたが
門をくぐり、玄関までの僅かな距離だけで、宿の雰囲気がわかりました
むむむ・・・これは当りかも♪

チェックインの時間まで、更にバスに乗って北側にある新穂高温泉へ
目的は新穂高ロープーウェイ
バスの時間まで1時間ほどあったので(田舎なんで本数少ないのね・・・)
宿の近くの足湯が出来る「舎湯(やどりゆ)」へ

f0017458_21104857.jpg

足湯といっても、アウトドアではなく、ちゃんとした趣のある建物の中にあります
囲炉裏があって、お茶も飲めたので
私が平湯温泉駅でお昼ご飯にと買った、「飛騨牛まん」をここで頂きました
の~んびりお喋りしながら、肉まん味わっていたら、すっかり時間が経ってしまい慌てて表へ
結局足湯に入らず終いで、何しに行ったのやら・・・(笑)

新穂高温泉駅までは約25分
そこから北アルプスが一望できる展望台へとロープーウェイに乗ります

f0017458_21203274.jpg

第1と第2と2回ロープーウェイに乗り
穂高連峰に一番近い、西穂高口駅の屋上展望台へと向かいます

f0017458_2124119.jpg
(槍ヶ岳、大喰岳、中岳)

この日の天気は快晴!
係りの方から、「ここまで天気に恵まれるのはそうそう無いよ」と言われ、俄然気分が良くなります
雲ひとつ無い青空に、北アルプスの山々が眩しく、ため息が出まくりです

f0017458_21353335.jpg
(西穂高岳、たぶん・・・)

そしてそして
目の前の笠ヶ岳の向こうの雲海に浮かぶは・・・

f0017458_21452923.jpg

白山連峰!(美し過ぎ)

f0017458_21522160.jpg

展望台を降りて、建物の外へ
フカフカに積もった雪の上には、たくさんの足跡

f0017458_21545631.jpg

ロープーウェイからは、日本カモシカを見ることが出来ましたが
この辺はウサギはもちろん、熊やテン、オコジョなども見る事が出来るそうです

もうこの足跡だけでも十分可愛いけれど、オコジョは見てみたかったなあ~

このまま夕焼けの時間まで居たかったのですが
戻りのロープーウェイの最終時間は4時15分
夕日を待っていたら、乗り遅れ、ここで一夜を過ごさなければなりません

残念な思いで下山

f0017458_221628.jpg

途中の駅のしらかば平駅で、やや夕日ウォッチング

新穂高温泉駅から再びバスに乗って出発すると、辺りはすっかり暗闇と変わりました
そしていよいよお楽しみの宿へ、チェックインします


to be continue・・・


[PR]
by sayori0302 | 2009-12-31 13:05 | - Hidatakayama 2009
<< atarashi toshi HIDATAKAYAMA >>